チャリンコ釧路生活

車がないと生きていけない釧路で、自転車のみの生活に挑戦していました。

GW最終日

f:id:kushiroshiro:20200506115018j:plain

昨年のGWは車に乗って色々なところに出かけた。

今年も家族で白糠の方にでも行こうと考えていたが、
こんな世の中になっているとは想像もしていなかった。

実際に行けたのは近場と買い物、仕事の取材先くらい。
それでも、こんな景色を見られるのが釧路のいいところ。

 

※平成から令和へ、昨年のGWふりかえり

https://kushiroshiro.hatenadiary.jp/entry/2019/05/11/144725

二枚でどうだ

f:id:kushiroshiro:20200415172314j:plain

東京にいた頃、けっこうな花粉症だったので、
布製のマスクを二枚持っていた。

釧路は花粉症とは無縁の地なのだが、
まさかこんなときに役立つとは。

アベノマスクが届かなくても、とりあえず大丈夫。

 

※「二枚でどうだ」と言えば、宮尾すすむと日本の社長

https://twitter.com/kuroshin2009/status/1245312126635261953

桂恋の赤い灯台

f:id:kushiroshiro:20200414170849j:plain

ちょっと車に乗るだけなのに、
かなり遠くに来たような気分になる桂恋。

益浦からの起伏のある細い道を行く、
北海道らしい海岸線のドライブも楽しい。

(漁師以外は)誰もいない小さな港の
赤い灯台がいつも変わらずに愛らしい。

 

※桂恋の漁港はスピッツの「みなと」という曲が似合う

https://twitter.com/kushiro94646/status/1249873998181060608

春の天ぷら

f:id:kushiroshiro:20200405145805j:plain

釧路の春は、あまり春らしくない。

草木の芽吹きは遅く、
秋冬ほど天気もすかっとしない。

そんな中、ふきのとうの天ぷらと
いわしの梅じそ巻きを食べる。

口の中が一気に春になった。

 

※釧路の春に見かける光景

https://twitter.com/kushiro94646/status/1245944867659759627