チャリンコ釧路生活

車がないと生きていけない釧路で、自転車のみの生活に挑戦していました。

N.O.とBLUE TEARS

f:id:kushiroshiro:20200806151927j:plain

電気グルーヴの代表曲「N.O」とジュディ・アンド・マリーの代表曲「BLUE TEARS」には幾つかの共通点がある。そのことを最近になって知り、両者のYouTubeをよく見るようになった。どちらも懐かしい短冊CDを持っている大好きな曲だ。

1994年発売の電気グルーヴの「N.O」は、メジャー3枚目のシングルだが、インディーズのアルバム「662 BPM BY DG」に「無能の人(LESS THAN ZERO)」という別のタイトルで収録されていた。メンバーやサウンドはその後とは少し違う。歌詞も微妙に異なるが、前身バンド・人生の解散で気落ちして書いたという卓球の歌詞は、当時からグッとくる。一般的に知られているバージョンは後からメンバーに加わった、まりんがフォーキーな要素を入れて打ち込んでいる。

タイトル「N.O」はニュー・オーダーにちなんで。インディーズの方がサウンドはそれっぽい。
https://www.youtube.com/watch?v=375g4iFinRQ

発売時期の近いジュディマリの「BLUE TEARS」は、メジャー2枚目のシングル。こちらもインディーズのアルバム「BE AMBITIOUS」に同タイトルで収録されていた。曲調はパンク的でありながら、メタル/ハードロック寄りのメンバーが集まり、ギターがその後と違う。実体験をもとに書かれたというYUKIの歌詞は変わらず、妙に切ない。「めちゃイケ」でもおなじみのバージョンは、TAKUYAの加入でポップな仕上がりになった。個人的には恩田がメインで曲を書いていた頃のジュディマリが好き。

貴重なインディーズ時代のライブ。ダイヤの原石のようなYUKIがキラキラしていて可愛い。
https://www.youtube.com/watch?v=qM7MgyqEuKQ

両者ともにメジャー進出への足掛かりとして、バンドの核となった曲であることは間違いない。レコード会社は同じソニーグループ。デビューシングルではなく、2~3枚目にもってきたことからも、その曲の大切さがわかる。インディーズ作からはよりシンプルに、楽曲に対しての愛情とこだわりが伝わってくる。

 

※お宝みたいな短冊CDは釧路でも大事に保管して聴いている

やまとなでしこ

f:id:kushiroshiro:20200722132304j:plain

新型コロナウイルスは世の中に多大な困難をもたらしているが、
そのおかげで良かったこともある。

三密を避けるために新作ドラマの撮影が中断し、
代わりに過去の名作ドラマが次々と再放送された。

最近の「逃げ恥」や「アシガール」は何度見ても面白く、
「ごくせん」「野ブタ」などは懐かしさと楽しさがあった。

その中で、ずば抜けて良かったのが「やまとなでしこ」だ。
“20周年特別編” と称して編集されたものが、
フジテレビ月9枠で2週にわたって放送された。

画面は4:3の昔のテレビサイズ、時代背景も古い。
でもそんなことは関係なく、20年前のようにぐいぐい引きこまれた。

何と言っても、主役の松嶋菜々子がいい。
圧倒的な容姿の美しさとチャーミングさ、気品や上品さもある。
高飛車でわがままな女性をここまで愛くるしく見せられるのは、
今も昔も彼女しかいないだろう。
演技がうまい以上に、彼女は「桜子さん」にしか見えないのだ。

相手役の堤真一をはじめ、脇を固める役者陣も実に素晴らしく、
なぜかみんな「桜子さん」のことを好きなのが自然とわかる。
「若葉ちゃん」こと矢田亜希子もきれいで可愛らしい。

2週分に短く編集され、カットされた部分も多かったが、
丁寧に作られたラブストーリーというのがすごく伝わる。
桜子が実の父親に嘘をつかせるところは、何度見ても泣ける。

20年前に東京で見て、あらためて釧路で見ても、
人の心を動かす最高のものはいつまでも変わらない。

 

※釧路空港の写真は「やまとなでしこ」に出て来る空港のイメージ

青雲台の白い雲

f:id:kushiroshiro:20200529143807j:plain

春採の石炭選炭工場を上ったところにある青雲台は、
気分転換によく車で訪れる場所。

釧路市街地から太平洋までぐるっと見渡せて、
空の広さと雲の違いを楽しめる。

f:id:kushiroshiro:20200529143927j:plain

石炭の採掘場側の林の上は、一面薄い雲。

f:id:kushiroshiro:20200529144006j:plain

釧路市街地側は、夏のような入道雲

f:id:kushiroshiro:20200529144045j:plain

益浦の海側は、水彩画のようなほうき雲。

同じ時間に同じ場所から見る雲が、
ここまで違うのは実に面白い。

 

※青雲台の青さが染みる

https://kushiroshiro.hatenadiary.jp/entry/2019/11/26/164150

GW最終日

f:id:kushiroshiro:20200506115018j:plain

昨年のGWは車に乗って色々なところに出かけた。

今年も家族で白糠の方にでも行こうと考えていたが、
こんな世の中になっているとは想像もしていなかった。

実際に行けたのは近場と買い物、仕事の取材先くらい。
それでも、こんな景色を見られるのが釧路のいいところ。

 

※平成から令和へ、昨年のGWふりかえり

https://kushiroshiro.hatenadiary.jp/entry/2019/05/11/144725