チャリンコ釧路生活

車がないと生きていけない釧路で、自転車のみの生活に挑戦しています。

ロイズの生チョコレート

f:id:kushiroshiro:20180214211552j:plain

バレンタインデーということで、
ロイズの生チョコレート「オーレ」をもらう。

赤ワインと一緒に、
口の中でまったりとろける至福。

北海道はチョコのレベルも高すぎる。 

 

一年越しのSL

f:id:kushiroshiro:20180210121746j:plain

昨年も「SL冬の湿原号」に乗ったが、
正式にはSLではなかった。

運行早々、車輪に傷が見つかり、
牽引車両がDL(ディーゼル機関車)に変更されたからだ。

一年越しにようやく乗れたSLは、
暴れ馬のごとき躍動感で、石炭の煙をまき散らし、
これが目や喉にくるのだが、とにかく興奮した。

釧路湿原の最高の冬景色とともに。

 

※「SL冬の湿原号」の車内はこんな感じ

https://twitter.com/kushiro94646/status/961381348064636928

雪帽子

f:id:kushiroshiro:20180205161147j:plain

東京が大雪だったとき、
釧路は雪が少なくて申し訳なくなった。

そんな気持ちを吹き飛ばすかのように、
一日中吹雪になって、どかっと雪が積もった。

釧路に来て何度も雪かきをしているが、
今回はけっこうしんどい。

 

※でも、釧路の雪景色はきれい

https://twitter.com/kushiro94646/status/960330467990908928

生駒ちゃん卒業

f:id:kushiroshiro:20180131165014j:plain

生駒里奈がセンターのときの乃木坂46が好きだった。

1stから3rdまでのシングルは、
フレンチポップや渋谷系を思わせる楽曲で、
スカートひらりと軽やかに踊り、
4thシングル「制服のマネキン」での攻撃的な世界観は、
妹分の欅坂46の原型を作り上げ、
何よりこの曲の生駒ちゃんのダンスがかっこよかった。

冴えない学生時代の生駒ちゃんのことを歌詞にしたと言われる
5thシングル「君の名は希望」は、
間違いなく乃木坂46史上最高の楽曲として燦然と輝き、
「エースをねらえ」の岡ひろみのように見えた。
ちなみにお蝶夫人白石麻衣か。

昨年、ななみんこと橋本奈々未が卒業し、
今回、生駒ちゃんが卒業することはグループにとって大きい。
精神的支柱の生駒ちゃんとななみんがいない乃木坂46は、
もう乃木坂46ではないと釧路の地で思う。

 

※釧路でも坂道グループができそう?

http://kushiroshiro.hatenadiary.jp/?page=1513668685

 

anoneとアンナチュラル

f:id:kushiroshiro:20180125211808j:plain

今季面白いテレビドラマは断然この2作。

「anone」の脚本は「カルテット」の坂元裕二
「アンナチュラル」の脚本は「逃げ恥」の野木亜紀子

何気ない会話がよかったり、伏線の敷き方がうまかったり、
緩いところから一気にたたみかけるダイナミズムがあったり、
どちらの作品もまず脚本の出来に感心している。

そして、キャスティングと役者がいい。

両作とも重めの題材で暗めのトーン、
地味目の個性派俳優陣が脇を固める中、
広瀬すず石原さとみの華のある存在感が効いている。

「anone」の映像は映画のようだし、
「アンナチュラル」のシンゴジコンビにニヤリ。

3月まで楽しみなドラマが2つもあれば、
釧路の寒い冬も乗り切れそう。