チャリンコ釧路生活

車がないと生きていけない釧路で、自転車のみの生活に挑戦していました。

スピッツ「見っけ」考察

f:id:kushiroshiro:20191023132526j:plain

令和元年にスピッツの新しいアルバムが聴ける喜び。

今作はThe Whoのような派手なギターアレンジのオープニング曲「見っけ」とエンディング曲「ヤマブキ」が対になった、壮大なロックオペラのごとき作品。前作「醒めない」の歌詞に出てきた「ロック大陸の物語」が具体的に綴られているようだ。

2曲目のNHK朝ドラ主題歌「優しいあの子」を主軸に、ポップ路線のアルバムではなく、やや懐古的な骨太のロックアルバムに仕上げたのは、あまのじゃくなスピッツらしい。朝ドラの舞台となった北海道とロック大陸がリンクするように、ジャケットワークもどこか北海道っぽい。

そういえば、前作「醒めない」に収録された「雪風」も北海道を舞台にしたドラマの主題歌だった。スピッツサウンドと北海道の相性のよさは、釧路に移住してからますます実感している。

3曲目の「ありがとさん」は、優しい歌詞や歌メロとは裏腹に重厚感のある歪んだUKロックのよう。こちらもロックテイストの強い「ラジオデイズ」の後は、イントロのギターが「涙がキラリ☆」みたいな「花と虫」。この曲のアレンジが「君と暮らせたら」にも似ていてるのは、昔と対比する歌詞の内容から意図的なようだ。大陸的な「ジャングル」という言葉も出てくる。

「流線型のあいつより速く」と歌うアップテンポの「快速」は、半音ずつ動くギターアレンジが面白い。ほっと一息つけそうな「ブービー」の歌詞は、「いつもブービー」と「レモン風味」の韻の踏み方がきれい。

TOTOの「アフリカ」を彷彿とさせる、16ビートが心地よい「YM71D」(「やめないで」と読むらしい)も大陸的。荒野をかける疾走感の「はぐれ狼」から、このアルバムのクライマックス「まがった僕のしっぽ」へと続く。プログレのように変拍子と転調が訪れるこの曲は、ストーリー仕立ての歌詞も斬新で、まさに「ロック大陸の物語」だ。

ラスト前の「初夏の日」は以前から演奏していた曲で少し趣が違うが、一服の清涼剤のよう。通常盤の最後は、スピッツと盟友クージーによるセルフプロデュースの「ヤマブキ」で「ロック大陸の物語」を力強く締めくくる。

前作「醒めない」の「みなと」や「コメット」のような歌もののキラーチューンはなかったが、いつまでも輝きを失わずアップデートしていくスピッツの最新型をここに見っけ。

 

※釧路のドライブにもってこいのスピッツ

http://kushiroshiro.hatenadiary.jp/entry/2018/07/18/163847

ししゃもの唐揚げ

f:id:kushiroshiro:20191022112417j:plain

釧路のスーパーに獲れたてのししゃもが出回るようになった。

一般的には干物として知られるししゃもだが、
こうして生魚を唐揚げにして食べると
ふわふわとした柔らかい身が実に美味しい。

むかわ町に負けず劣らず、釧路近海のししゃもを誇りたい。

 

※昨年の厚岸産の生ししゃも

http://kushiroshiro.hatenadiary.jp/entry/2018/10/14/193815

リビングのオンザコーナー5

f:id:kushiroshiro:20191009195027j:plain

釧路は寒さが増してきたので、
夏っぽかったリビングの面出しレコードを変えてみた。

マンドリン奏者のジュゼッペ・アネダと
超有名なヴェルヴェット・アンダーグラウンド

そして、Now Playingはスピッツのニューアルバム「見っけ」。

 

1つ前の「リビングのオンザコーナー4」

http://kushiroshiro.hatenadiary.jp/entry/2019/07/08/142730

桂恋にやって来い

f:id:kushiroshiro:20191008101007j:plain

釧路市街地から興津、益浦、そして桂恋と
少しずつ東の海沿いに車の足を延ばしている。

小さな漁港と海岸の街・桂恋は観光地的ではないが、
ここを舞台に映画やドラマが撮れそうな雰囲気がある。

ロケハンでなくても一度来てほしい場所だ。

 

※なぜか恋しい桂恋

https://twitter.com/kushiro94646/status/1181118212882067456

秋鮭1匹1000円

f:id:kushiroshiro:20191007200441j:plain

「雷さとう」という地元スーパーが好きでよく行く。

釧路を中心に地元の良質な食材が破格の値段で売っていて、
特にちょっとした市場のような魚介コーナーがいい。

f:id:kushiroshiro:20191007200639j:plain

先日は白糠産の秋鮭が信じられない値段で売っていて、
即買いして、妻に捌いてもらった。

1匹まるごとで1000円。
まさに「神なりさとう」と言いたくなる金額である。

 

※「雷さとう」は野菜も安い!

https://twitter.com/kushiro94646/status/932752379182592000