チャリンコ釧路生活

車がないと生きていけない釧路で、自転車のみの生活に挑戦しています。

リビングのオンザコーナー3

f:id:kushiroshiro:20180512082947j:plain

釧路もようやく春らしくなってきたので、
リビングの面出しレコードをカラフルなものに変えてみた。

ラモーンズとズービン・メータはニューヨークつながり。

 

※1つ前の「リビングのオンザコーナー2」

http://kushiroshiro.hatenadiary.jp/entry/2018/01/02/171937

ジャスコと呼ばれるイオン

f:id:kushiroshiro:20180511113235j:plain

GW中、釧路のお隣の厚岸とイオン釧路昭和店に行ってきた。

釧路には大きなイオンが2店あって、
地元の人たちはイオンになる前の旧名で呼び分けている。

イオン釧路昭和店の旧名は「ジャスコ」。
GU、ABCマート島村楽器など馴染みの店があって、
釧路にしては多少、東京を感じられる空間だった。

横に広い建物のさらに4倍以上の広さの駐車場が釧路らしい。

 

すずめの家

f:id:kushiroshiro:20180426160032j:plain

釧路での生活は、常に野生動物が身近に存在し、
アイヌ文化の「自然との共生」という考え方が
当たり前のように感じられる。

買い物に行こうとしたら上空をオジロワシが旋回し、
歯医者に行こうとしたら道を渡るキタキツネに遭遇。
春採湖の周辺ではエゾシカの群れを度々目撃している。

うちの近所には、スズメの群れが頻繁に集まっていて、
仕事部屋からも心地いい鳴き声が聞こえる。
ちゅんちゅん、ちゅんちゅん、仕事が進む。

 

エゾシカの群れは市街地の駐車場にも出没

https://twitter.com/kushiro94646/status/983971820033445888

花咲ガニ339円

f:id:kushiroshiro:20180410205242j:plain

釧路に来てからスーパーの買い物が楽しい。

東京では高くて贅沢品と呼ばれそうな新鮮魚介が、
とにかく安いものだから日常の食卓が華やかになる。

トゲトゲがちょっと痛いけど、その分しっかり旨い、
花咲ガニを食べたのは初めてかもしれない。

 

※このししゃもも最高だった!

http://kushiroshiro.hatenadiary.jp/entry/2018/03/08/233136

またもエゾシカの群れが

f:id:kushiroshiro:20180329201155j:plain

春採湖の周辺にエゾシカがよく出没するので、
買い物帰りに自転車で見に行ったらこんなにいた。

春の新芽を掘り起こして食べているように見えるし、
まるでエゾシカの牧場のようにも見える。

野生動物を身近に感じる北海道・釧路の暮らしは悪くない。

 

※春採湖のショッピングセンター近くのエゾシカの群れ

https://twitter.com/kushiro94646/status/976000344957231104